「出会い」がどれだけ人を成長させるのか?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

NHKの深夜に、

こんなアニメがやっていたんだな……。

知りませんでした。

 

『不滅のあなたへ』

という作品です。

大今良時さん、という方の原作。

主題歌を宇多田ヒカルさんが歌っています。

ちょっと驚き。

ただ、それ以上に作品がかなり

特殊です。

一体これは何だろう……?と思ってしまう。

 

というのも、この物語の主人公は、

得体の知れない「何か」です。

「地上に投げ込まれた球」と紹介されていますね。

 

その球は不死の存在であり、

何かしらの刺激を受けた物の姿へと変化していく。

 

で、その球は、

犬のようなオオカミの姿を獲得し、

極寒の地で仲間とはぐれた

孤独な少年と出会います。

そして仲間を探す旅に出る少年と付添い、

仲間を探す冒険に出る……。

こんな物語はもう1話であっけなく破綻します。

仲間を見つけることもなく、

少年は負傷が原因で。失意のうちに死んでしまう。

「僕のことを忘れないで」と

傍らで見守るオオカミに伝言だけ残して。

 

その感情を学んだ「何か」は、

オオカミから少年そのものの姿に変化し、

少年に代わって歩き出すわけです。

まだ言葉も喋れないし、食料の取り方も知らない。

何度も死にながら、

ただ、次の出会いを求めて……。

成功して立派な業績を残した人だけが

すごいわけではない。

夢が叶わず、不運にみまわれ、

短い人生を失意のうちに

終わらざるをえなかった人生だとしても、

すれちがった存在を大きく変化させるだけの大きな力がある。

1人ひとりの人生の価値を考えさせてくれる

深い物語ではあります。

 

出会いを通して、どれだけの進化が起こるのか?

続きでは、村のクマの神様への

生け贄として捧げられた少女から

「ありがとう」の言葉を学んでいました。

 

一体これからどう進化するのか。興味は尽きませんね。

 

[公私混同の時間]