町の復活を願って

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

家に閉じこもっている今日この頃ですが、

先日、久しぶりに恵比寿に行き、驚いてしまいました。

 

「ここは廃墟か!?」

 

そんなふうに思ってしまったのは、

私にとって馴染みの

「恵比寿ガーデンンプレイス」です。

かつては近くに事務所を構え、

こんな事態でなければ、毎週のように訪れていた場所。

 

ただ、天気が悪かったこともありますが、

ここまで閑散としている状態を見たのは

初めてかもしれません。

もちろんコロナの非常事態もあり、

それに加えてガーデンプレイスの中心だった

三越が閉店しています。

レストランも多くがやっていないようで、

鳩やスズメがやたら多くなっていた……。

 

大丈夫か? この状態?

もちろん、遅くとも6月には

非常事態も解除されるでしょうし、

三越に変わる何かも

いずれこの場所に入ると思います。

 

にしても、ここまで馴染みの場所を

衰退させてしまった、

この1年半くらいの状況。

「私たちこれから、頑張らなきゃいけないんだなぁ」と

あらためて感じましたね。

ガーデンプレイスの一番奥のほう、

サッポルビールの社屋の裏手になりますが、

ここにじつは

「恵比寿神社」があります。

ふつう「恵比寿神社」といえば、

駅のそばの歓楽街の中にあり、

お祭りも行われる場所を想像するのですが、

そちらは後になってできたところ。

 

ガーデンプレイスには、

今はただ祠があるだけですが、

当初、サッポロビールが

「恵比寿さま」を西宮神社から招き、

この町が「恵比寿」になった原点は

ここだったわけです。

 

恵比寿で生まれたからエビスビールでなく、

エビスビールをつくる地になったから

「恵比寿」なんですね。

ともあれ、そんな原点の場所で

町と自分自身の再生を祈願し、

アトレの本屋さんに寄ってから家に戻りました。

 

アトレの側には、まだ活気がありましたね。

今は大変ですが、またちょくちょく

やってくるようにしましょう。

 

[コロナ後の未来へ]