レモネード・デーを知っていますか?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

 

今日、6月12日は、

アメリカで「レモネード・デー」と

呼ばれる日。

 

画像は、久しぶりに紹介する

働く「しあわせ」の見つけ方』(かんき出版)

という本ですが、

ビジネスに関わる、

ちょっとした「いい話」を集めたもの。

この本で「レモネード・デー」についても紹介しました。

じつはこの日には、

史上最年少の起業家とされた女性が

かかわっています。

 

その名は、アレクサンドラ・スコット。

「アレックスちゃん」と呼ばれた彼女は、

4歳のときにレモネードのスタンドを立ち上げ、

故郷のコネチカット州から全国へ。

4年間で70万ドルを売り上げる事業に

成長させました。

なぜ、そんな勢いで事業が広がったかといえば、

彼女の熱意に皆が同調したから。

 

アレックスちゃんは、

生まれながらに小児がんを患っていたんですね。

4歳ながら抗がん剤を投与され、

苦しい闘病生活を送っていた。

でも、同じように苦しんでいる子たちが

大勢いることを知り

何かできないかと考えたわけです。

 

その結果、思いついたのがレモネードのスタンド。

その収益を、がん治療の研究と、患者さんへの援助に当てようと。

 

猛反対を受けながらも、自分で何とか病気を克服し、

世の中を変えようとさえしているアレックスさんに、

両親たちも協力します。

 

そして店ができると

彼女に賛同する大人や子どもが

次々と傘下の店をオープンさせ、

レモネードのスタンドが

アメリカ全土に広がるムーブメントになっていったんですね。

多額の寄付ががん治療に対して行なわれました。

 

残念ながら起業して4年後、

2004年にアレックスさんは

この世を去りました。

それが6月12日のこと。

 

それでもレモネードスタンドの慣習はアメリカで続き、

命日である今日は

「レモネード・デー」とされ、

多くの寄付が行なわれるそうです。

ぜひ記憶していてくださいね。

 

[Words of Wisdom〜君はこの言葉を知っているか?]