カテゴリー別アーカイブ: 作家なりきり合宿

スポーツの日は、なくていいのか?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

10月11日、カレンダーを見ると赤くなっています。

休日だっけ?

10月の第2月曜日、

「スポーツの日」というものですね。

 

それって「体育の日」じゃないの?

 

じつはオリンピックを予定していた

2020年から名前が変わっているんですね。

何の意味があるのかよくわかりませんが、

「体育」という言葉は、そのうち死語になりそう。

 

いずれにしろ、今年の10月11日の休日は

カレンダーの表記ミス。

オリンピック開催で今年は7月に移行したため、

本日は平日になっているようです。

 

わかりにくいですよねぇ……(苦笑)

 

そもそも「体育の日」は

10月10日に設定されていましたが、

この日が1964年の

東京オリンピックの開幕式だったんですね。

 

やっぱりスポーツの秋。

日本ではこの時期に運動するのがベストです。

まあ、いまとなっては……ですが、

かつてのオリンピックは

一番気候のいい時期に設定されました。

 

ただ、「オリンピックを観る日」

というわけではありません。

「スポーツを楽しみ、

他者を尊重する精神を培うとともに、

健康で活力ある社会の実現を願う」ための日

というのが、その趣旨。

 

ようは、せっかく秋のいい時期だし、

健康のため、皆と心を通わせるため、

みんなで運動しようよ……という日を

あえてつくっているわけです。

 

だったら、10月に

「スポーツの日」やればいいんじゃないの?

と純粋に思いますよね。

 

オリンピックの行事として、

わざわざ国民が運動するためにつくった日を

潰してしまうことはなかったんじゃないか。

昔はこの日に、

運動会も多く行なわれていましたものね。

 

おそらくは1年にいくつ休日をつくるというのは、

法で定められている事項なのでしょう。

ただ、ここ数年はコロナのお陰で、

「休日」という概念がほとんど機能していなかったのも

事実でしょう。

休んでいる日だけはあったかもしれませんが。

 

必ずしも国で決めることではないでしょうが、

皆で楽しめる「休日」を

社会でちゃんと用意することは、必要かもですね。

 

[効率無視の仕事術]

目黒と田町の、切り離せない関係!

 

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

画像は目黒と恵比寿の間、

「日の丸自動車」という教習所の近くになりますが、

「三田春日神社」という神社です。

神社といっても、道沿いに祠や鳥居があるだけ。

神主さんもいない小さなところですが、

由緒書きにはこうあります。

 

「956年、村上天皇の節句に

武蔵国の国司だった藤原氏が、

氏神の奈良春日大社の神霊を勧請した……」

 

平安時代にさかのぼる、

ものすごく古い神社だったんですね。

 

そこで「三田」といえば、

目黒でなく、多くの方が想像するのは

田町の辺りでしょう。

 

じつは慶応大学の隣に、

ほかならぬ

「三田春日神社」があったりします。

 

両者は同じもの、というか分家の分家のようなもの。

最初に目黒に勧請し、それから田町へ。

両者は同じ領地に属していたんですね。

 

すると「三田」という地名の正体も

想像がつくかもしれません。

「三田=みた=御田」ということで、

天皇の直轄地であり、藤原氏が経営する

関東の稲作地の1つだったわけです。

 

ただ海のそばにあり、

江戸時代には薩摩藩の屋敷などもあり、

大勢が行きかう場所になったのが

田町のほうの「三田」。

 

一方で一貫して田園地帯だった

目黒の三田は、

だんだんと神社自体も寂れていった。

で、いつしか分家のほうが、

本家より主流になってしまったようですね。

今の神社も、

三田のほうの春日社が再建したもののようです。

 

ただ、歴史の古さは、

こちらのほうが上ですから、

ないがしろにしてはいけないかもですね。

 

ちなみに「目黒区三田」には、

恵比寿ガーデンプレイスも一部

入っています!

 

[仕事ができる人の歴史入門]

再び回ってきたコロナ禍の「大祓」

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

こちら「茅の輪」が出ているのは、

港区の氷川神社。

私のところの氏神様ですが、

いつのまにか大祓のシーズンになっていました。

もう今年も半年が終了したんですね。

 

何だかんだいって、前半は2021年も

コロナに悩まされました。

いよいよ挽回と言いたいところですが、

まだ不安材料は多くありそうです。

 

この「大祓」は年に2回、

大晦日と6月30日が実施されます。

8の寺にくぐる茅の輪はいろんなところにありますが、

神奈川県の寒川神社だと、

人形の紙の切り抜きに名前を書き、

それを焼いてもらったりします。

「人形代(ひとかたしろ)」というものですね。

 

こうした儀礼の数々、目的はwikiを見ると

「穢れ」を祓うため、とあります。

私たちは生きていくうえで、自然に逆らったり、

小さな罪を冒したりしていくことを免れえない。

 

それは時間を通じて、

私たちに害をなしていくのですが、

年2回、これを清めてクリアにすることが

「大祓」の意味なんですね。

メンテナンスなわけです。

 

そこでこの「害」が何かといえば、

真っ先にあげられるのが

「伝染病」だったわけです。

 

もちろんかつてはコロナウィルスでなく、

多くは天然痘、コレラ、ペスト、梅毒など、

より致死率の高い病気でしょうが、

小さな国で人口を集中させて暮らしてきた日本人は、

古くから伝染病を

「毎年、祓うもの」としてきました。

それくらい恐れていたわけですね。

 

この「穢れ」を意識する文化は、

おそらくは現在もコロナに対する他国以上の

恐怖感につながっているのでしょう。

それは必ずしもメリットばかりではありません。

 

感染症対策や、あるいはワクチン、

またあらゆるエコな技術もそうなのですが、

日本人は世界でもずばぬけて

自然を冒したことへの「穢れ」を嫌う文化を持ちながら、

何らその分野でのアウトプットを成果に結びつけていません。

検疫もゆるければ、国際行事もずさんにやってしまう。

再生エネルギーはもちろん、

「掃除機」ですら、

いまやダイソンに適わなくなっています。

 

コロナの影響で日本人固有の感覚が戻ってきた

……とすれば、

これからもっとそれを生かす手段を

考えるべきかもしれませんね。

 

[公私混同の時間]

作家なりきり合宿10:無事に合宿終了しました!

12:00頃、勉強部屋に全員集まりましたので、
どこまで進んだかの報告会。
それぞれが発表することにより、フィードバックをもらえたり、
新たな発見が見つかったりで、良いシメになりました。

10-0516-1

「落合楼・村上」の村上社長に
集合写真を撮っていただきました。

10-0516-2 

「落合楼・村上」の家紋。

10-0516-3 

ななななんと!
「一生使える文章力養成講座」1期生の中村薫さんが登場。
これから、マネーの会 1周年記念合宿を開催するとか。
私たちと入れ替わりです!

10-0516-4

他にも賢者の会メンバーが「落合楼・村上」へ写真撮影で訪れたりと、
ブレイク中の「落合楼・村上」。
合宿を機会に、プライベートでも訪れたいと言っている方も多く、
ホームのような存在になりそうです。

10-0516-5 

作家なりきり合宿終了!

10-0516-6 

合宿は終わりましたが、
時間のある方で沼津港へランチしに行ってきました!
本日も晴天!
ドライブ日和で気持ちがよかったです(^^)

 

10-0516-7

ランチしたお店は、千漁家。
ロケーションが良くて、盛りつけ方がきれいでした。
私は海鮮がたくさん入った海鮮石焼を頼んだのですが、
美味しかったです!

10-0516-8

この2日間でとても良いエネルギーをいただきました。
皆様、本当にありがとうございました。

東京メンバーのみなさん、気をつけて帰ってくださいね。

10-0516-9

合宿終了後、受講生の方から宿題がたくさん提出され、
嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

来月の文章講座、7月のプレゼン大会がますます
楽しみになってきました(^^)

 

それでは、来月の「一生使える文章力養成講座」で
お会いしましょう!

作家なりきり合宿9〜創作意欲がかき立てられる落合楼・村上と自然

9-0516-1

朝食を食べてから、まずは勉強部屋へ向かいました。
そしたら、大井さんが美味しいコーヒーを淹れていただきました。
勉強する前にコーヒー飲むのっていいですよね。
お皿にある抹茶のチョコレートも美味しかったです(^^)

9-0516-2

9:00から12:00までは自由時間ですので、
落合楼を出て、自然散策をしてきました!

9-0516-3

湯道周辺の案内図を頼りに向かいました。

9-0516-4

出会い橋・男橋
どうやらこの橋には伝説!?があるそうです。
詳しくはこちら→http://gao-kai.com/index.php?eid=1633

 

9-0516-5

橋から見えた景色。

もうすぐこちらでホタル祭りが開催されます。
昨年は6月の平日にこちらでホタルを見たのですが、
多くの人でにぎわっていました。
たくさんのホタルがとても幻想的でキレイでした(^^)

9-0516-6

橋から見えた、たつた川床料理。
新緑と清流を見ながら、食事できるのはいいですね。

9-0516-7

♡のモニュメント。

9-0516-8

出会い橋・女橋。

 

9-0516-9

結構歩きましたが、気持ちがよかったです。
歩くと頭の回転もよくなっていいですね。

自然散策後、後藤さんは再びラウンジで執筆に専念。

9-0516-10

ラウンジのすぐ隣にはお土産ショップがあります。
う〜〜ん(> <)目移りしてしまうかわいさ♡

9-0516-12

保刈さんは勉強部屋で
ノートパソコンを開いて執筆。

9-0516-11

ここでも執筆できます①

誰も使ってなくてもったいない!
少しの時間だけ、座っちゃいました(笑)

9-0516-13

ここでも執筆できます②

「落合楼・村上」は執筆できる、ひとりになれるスペースが
たくさんあって好きです(^^)

9-0516-14

いよいよ作家なりきり合宿ももうすぐ終わります。
みなさんの結果はいかに?

9-0516-15

もうすぐこの看板ともお別れで、
少しさみしい気もしますねぇ。

作家なりきり合宿8:落合楼で過ごす至福の朝の時間

朝起きた後、
またもや温泉に入ってきました!

これで3度目の温泉です。

落合楼は天狗の湯とモダンの湯があり、
朝と夜で男女が入れ替わるので、
貸し切り風呂を含めれば、3つの温泉を楽しめるんです!

温泉後には、無料で使えるマッサージチェアで
マッサージしてもらいながらウトウト。

目の前はきれいな新緑を楽しめて、
とても至福のひとときでした。

朝風呂はダルくなるので、
ふだんは控えるようにしているのですが、
落合楼の温泉は朝入ってもダルくならないどころか、
調子が良くなるんです!

8-0516-2

温泉後、8:00から朝食をいただきました。

8-0516-1

とても豪華な朝食!
朝からおかずが盛りだくさんです。

8-0516-3

あつあつの湯豆腐が美味しいです。
朝からごはんがすすみ、おかわりしちゃいました!!

 

8-1516-4

ひものも身が厚くて美味しかったです!

8-0516-5

参加者のみなさんは、朝から温泉に入った人もいれば、
落合楼の中を散策、落合楼を出て浄蓮の滝までランニングする方も
いたりと朝から充実した時間を過ごされたそうです。

昨夜の懇親会の終わりは、2:00頃だったそうですが、
みなさんタフですよね。

 

みなさん、楽しむことにとてもどん欲です!

朝食食べて、
今日1日頑張れちゃいそうなくらいのエネルギーをいただきました。

さぁ、9:00から研修です。

合宿のラストスパート、頑張りましょう!

作家なりきり合宿7:ラウンジで大人の懇親会

懐石料理を食べた後は、軽く温泉に入ってきました。
なぜ、軽くしたかというと、23:30から貸し切り露天風呂の予約を入れたからです。
前回は、時間がなくて貸し切り露天風呂に入れませんでしたが、
今回は入るぞ〜!

懇親会は昼間に新聞取材を受けたラウンジ。
夜になると、大人な雰囲気でこれまたステキです♪
こんなに広くてすてきなラウンジを貸し切らせていただきました。

7-0516-1

お酒やおつまみをつまみながら、語り合いました。

7-0516-2

真面目な話しからくだけた話しまでできて面白かったです!
後藤さんの話し、面白過ぎ(≧∇≦)

爆笑している大井さん。

7-0516-3

保刈さんは本の執筆について考えている様。
作家なりきりタイムの時にヴォイスレコーダーで録音してたとのこと。
こういう方法を使うのは、後で再確認できていいですね。

 

7-0516-4

鈴木さんも本の執筆に専念していました。
みなさん、ラウンジではそれぞれがしたいことを
自由にやっています。

7-0516-5 

執筆しながらも途中で会話にまじってきたりと、
リラックスした雰囲気。

7-0516-6

最後はみんなで歓談しました。
これぞ、大人の懇親会(笑)!

7-0516-7 

私と後藤さんは、
貸し切り風呂の予約をしたため、みなさんよりも早く
そのままおやすみさせていただきました。

ふー、いい湯でした。
温泉に向かう道もすてきなんですよ。
写真を撮っておけばよかったな。

 

7-0516-8

ふかふかのお布団でおやすみなさい。

作家なりきり合宿6:初夏の懐石料理を楽しむ

「作家なりきり合宿」の楽しみである、
豪華な懐石料理!

味もですが、見た目も楽しめるのが懐石料理のよいところ。

前回は秋でしたが、今回は初夏!

どんなお料理が出てくるのか、すごくワクワクしましたo(^0^)o

一品ずつご紹介させていただきます!

6-0516-1

まずは一品目。
緑色のもみじがあったり、その下のお皿は池でも表現しているのでしょうか?
何かこの前菜に物語を感じました。

【前菜】
天城軍鶏バルサミコ煮
干大根生ハム巻
菖蒲紫芋
牛蒡猪ベーコン博多
天豆塩蒸し
稚鮎
ゆで野菜塩麹和之
小芋絹担ぎ
絹さやフォアグラ
太刀魚寿司し
ホタルイカ蓮麩重ね

6-0516-2

二品目。

【吸物】
枝豆の摺り流し
玉子豆腐
蓴才 独活
さくらんぼ

6-0516-3

さっぱりとしたお味で美味しかったです。
器の魚も粋ですね。

6-0516-4

三品目。

【お造り】
本日のお造り
あしらい一式

お魚が新鮮でとても美味しかったです!
ひと噛みひと噛み味わっていただきました。

6-0516-5

今まで見たこともない、
キラキラのお醤油!

「どうしてこんなにキラキラなの〜?」

と疑問に思っていたら、
お皿の底がキラキラしているようです。

お刺身をお醤油につけるたびに
キラキラしているので、
うっとり♪

6-0516-6

四品目。

【焚合わせ】

巻海老鉋冬瓜
ズイキ 小茄子
舞茸 白髪葱

6-0516-7

こちらはサービスでつけてくださいました、
小魚のフライ。美味しかったです!

6-0516-8

五品目。

【鍋物】

野菜しゃぶしゃぶと
和豚もち豚
二色ポン酢

6-0516-9

野菜をキラキラのお鍋にいれると、
より野菜がキラキラと輝いていて、
視覚でも楽しめました。

新鮮な野菜なので、生で食べても美味しかったです!

6-0516-10

キレイな豚肉。こちらも美味しい〜(^^)

6-0516-11

六品目。

【お凌
黒米うどん
 貝割卸し

6-0516-12

七品目。

【焼物】

相並と
筍の木の芽焼き
坂出金時
ミニ人参 はじかみ

6-0516-13

八品目。

【食事】
生姜卸飯
赤出汁
香の物
水菓子

6-0516-14

6-0516-15

6-0516-16

ふーーーーー♡

たくさんの美味しいお料理をいただけて、
胃袋も目も満たされました(^-^)

キレイな盛りつけ方や器も勉強になりましたね。

6-0516-17

そして、写真もたくさん撮らせていただきました。

↑こちらは、保刈さんの新兵器、一瞬で360度撮影できるカメラ
でお料理の写真を注目している様子。

落合楼と書いてある器を3つ並べたら、
どんなふうに撮影できるのか、実験してみたんです!

なかなか良い写真が撮れました。

さぁ!
お腹いっぱいになりましたが、まだまだ続きます!

ちょっと休憩してからラウンジに集合して、
懇親会です。

 

続きは次の記事で。

作家なりきり合宿5〜足湯のある宿泊部屋

作家なりきりタイム中の合間をぬって、
宿泊部屋へチェックインしました。
広々としていて、キレイなお部屋です。

5-0516-1

椅子に座って、川や新緑を堪能することができます!

5-0516-2

窓を開けると、

なななんと!

川と新緑を見ながら足湯ができます!

このすばらしいロケーションを見ながらの足湯、
とても贅沢です!

5-0516-3

お化粧台。

5-0516-4

クローゼット。

5-0516-5

洗面台。

5-0516-6 

なんと!温泉が出る、お風呂。

万が一、大浴場の時間が過ぎてしまっても、
お部屋で温泉が楽しめますね。

5-0516-7 

ちなみに男性の宿泊部屋は、
前回、女性グループが宿泊したお部屋です。

 

http://www.kenjabook.com/2013/12/05/作家なりきり合宿6〜本日取材されたことをみん/

夏川は羨ましいくらいVIPなお部屋を1人で宿泊。

YouTubeでお部屋の様子を見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=6icS9nqAq_0&index=5&list=UUgHK8QohePkrjq-PSWvM1xg

5-0516-8

一緒の宿泊部屋である後藤さん。
チェックインを済まし、少し休憩してから、
ラウンジで執筆に集中していました。

 

作家なりきりタイムで本の方向性が大分まとまったようです。

心地よい音楽を聴きながら、川を見ながらの執筆は
インスピレーションが湧きそうですよね。

作家なりきり合宿3〜落合楼の館内見学ツアー

ラウンジで新聞取材後、

「落合楼・村上」の社長、村上昇男様に館内を案内していただきました。

村上社長が持っている、「落合楼・村上」の写真集は、
前回の合宿時に購入しました(^-^)v

3-0516-1

下見見学を含めて、今回で館内見学は3回目の私。

 

復習になったり、また新たな発見を見つけたりで、
何回聞いても見ても楽しいですよ。

写真の撮りどころも満載なので、
もっと撮影力もアップしたいと思います。

前回の見学ツアー→http://www.kenjabook.com/2013/12/04/作家なりきり合宿2〜落合楼の館内見学/

下見時の見学ツアー→http://www.kenjabook.com/2013/10/08/作家なりきり合宿:伊豆の落合楼へ下見見学ーそ/

3-0516-2

 

すごく立派な通し柱。
ご利益があるのかなぁと思い、ついさわってみたくなります。

 

3-0516-3

オシャレな障子。

3-0516-4

最近では、こちらで結婚式を挙げる方もいたり、
外国人グループ6名がこの大広間を貸し切り、
和太鼓を聞く!という粋なことをしたとか。

 

なんとも贅沢!

3-0516-5

立体的に見える、松の木!
「どうなっているんだろう?」と近づいたら、
「松の絵」でした。

近づいても立体的に見える。

これはすごい!

3-0516-6 

ある部屋の床の間の障子。
富士山の下に帆船もあって、とても粋。

 

富士山の横にあるのは網。
魚の網、クモの網は福をすくいとるとか、
……という意味があるみたいですね。
縁起物、だということだそうです!

こちらの障子は、紙ではなく、
ガラスでした。

3-0516-7

鉄でできた瓦。
この建物の下が読書室です。
これからこの読書室で「作家なりきりタイム」を
開催します。

3-0516-8

最後に2日間貸していただく、
勉強部屋を案内していただきました。

小障子に木で組まれている精巧な意匠。
「クモ」と「巣」が粋ですね。

クモの目にはガラスが使用されており、まるで生きているみたい。
表から見るのもいいのですが、裏から見ると、実際にクモがいるように見えます。

 

80年も前に、こんな粋なデザインを考えるって、すごいですよねぇ。

3-0516-9

こちらのYouTubeでも館内見学をご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=JiYg9NGx9CQ&list=UUgHK8QohePkrjq-PSWvM1xg&index=7

 

村上社長、お忙しい中、丁寧に教えていただき、
ありがとうございました。