タグ別アーカイブ: 効率無視の仕事術

「文化勲章」ってどれだけスゴいもの?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

 

長嶋茂雄さんが、

「文化勲章」を受賞するこよになりました。

 

といって、

「あれ?国民栄誉賞もらったじゃん!」

などと思ってしまった私は、

あまり価値がわかっていない。

 

じつは「プロ野球選手」としての

文化勲章ははじめて。

スポーツ選手も2008年以来だそうです。

 

そういえば「文化勲章」に合わせて、

「文化功労者」も発表になっています。

加山雄三さんなどが入り、人数も多いから、

こちらは下クラスなのか?

疑問に思って調べると結構、これは複雑なんですね。

 

そもそも「文化勲章」は、

1937年につくられた由緒ある勲章です。

天皇陛下が「文化の日」に授与するのですが、

ノーベル賞学者が必ずもらっているように

科学発展に寄与した人がほとんどなんですね。

 

だからこれまで

400名くらいの方がもらっていますが、

ほとんどは学者さん。

あとは作家、画家といった方が多くなっています。

アポロ11号のアメリカ人宇宙飛行士3人も、

なぜか受賞しています。

 

そういう性格のものですから、

長嶋さんだけでなく、今回は

歌舞伎の尾上菊五郎氏さんや、

バレエの故牧阿佐美さんも受賞しました。

少し令和になり、

傾向を変えていくのかもしれませんね。

 

で、この「文化勲章」はあくまで、

「名誉の勲章」であり、

賞金などはまったく出ません。

出したくても、憲法の規定で出せないわけです。

画像がその勲章です。

でも、文化に対して貢献のある方には、

お金の面でもちゃんと栄誉を送ろうと、

「終身年金」が出されることになりました。

 

これが文化勲章と合わせて発表される

「文化功労者」になるわけです。

その数は、勲章をもらう人よりも多くなります。

 

まあ、そんなふうに

「名誉」と「金銭」を分けて讃えるのが、

日本のやり方だとのこと。

 

国民としては、ちゃんと讃えて

できればその仕事をおさえたいですね。

 

 

[効率無視の仕事術]

日本沈没はあるか? 海底火山の謎

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

こちらの画像は、2013年に

小笠原諸島の海底火山噴火によって

できた西ノ島付近の新しい島。

その後、どんどん削られているそうですが、

当時、「こんなことがあるんだなぁ」と

驚いた記憶があります。

 

今、またビックリすることが起こっている。

8月に起きた、やはり小笠原諸島の火山噴火で、

大量に発生した軽石が、

沖縄に流れ着いて被害を出しているとのこと。

本州にもやってくると言いますから、怖いですよね。

 

海底火山……調べると日本の周囲には、

たくさんの火山があって、

ときどき噴火しているとのこと。

その多くは知らないところで起こり、

確認もできていないとか。

 

気づいたら軽石が大量とか、

島ができているとか、

ごく普通にありえるそうですね。

 

最近そういえば、「日本沈没」が

ドラマで復活しています。

 

あれ、確か深海船が

地殻変動の痕跡を発見するところで

始まっていたと思うのですが、

子供のころに見て、トラウマになった記憶があります。

 

こうした海底の火山噴火なんて、

大きな変動の前兆ではないのか?

大地震は起こらないか?

日本が沈没したりはしないか?

ちょっと心配になります。

 

東日本大震災などが起こるずっと前に、

『日本沈没』を書いた小松左京さん。

まだあまり周知されてなかった、

大陸の「プレート」論を掲げたことは

なかなかすごいかったようです。

 

ただ、科学的に日本は、

現在少しずつ「隆起」しているんだそうです。

だから沈没するよりも、

「日本がでかくなったぞ」というほうが

ありえるんですが、

それじゃ小説として面白くないということで

「沈没」にしたとのこと。

 

いずれにしろ長い時間をかけて、

どんな大陸も島も、

その形を変えていっています。

 

まだまだ地球では、

自分たちが知らないことが

いくらでも起こりえるということは

知っておいたほうがいいいですね。

 

[効率無視の仕事術]

「円窓」の仕事術

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

 

自宅から大通りへ出るまでの道に、

子供のころからずっと変わらない

小さな木造の家がありました。

 

確かおじいさんが1人住んでいたのか。

「まだいらっしゃるんだな」と

何となく通るたびに思っていたものです。

 

先日、久々に通ると、

その家が解体されているところ。

とうとう、そのときが来たんだなぁ……。

 

住んでいる方がどうなったのかわかりませんが、

少し残念な気はしますね。

 

確かに安全面でも、

この家を維持するのは難しかったかも。

ただ、外側から見ると単なる古い家ですが、

むき出しになると、

「もとは非常に美しい家だったのか」

という気がします。

入ったことはなかったのですが、

玄関のところ、

こちらいきなり「円窓」ですね。

 

茶室によくあるつくり。

もともとは禅から来た発想で、

自分自身を見つめ直す「悟りの窓」とも

言われます。

 

入ったお客さんは、この窓を通して

家の有り様を見ることになるのですが、

奥に何があるのか?

あるいは家の人は、丸い窓を通して、

お客さんの顔を見る。

面白い構造になっていますが、

一体どんなふうに使っていたのだろう?

この形はスタンダートなものなんでしょうかね?

 

いずれにしろ、

こういう古い家が解体されるのは、

文化が1つ失われることでもあります。

 

歴史を学んでいた人間からすれば、

壊す前に見学し、

過去の建築思想を知る機会を設けてもらったり、

それが叶わないなら、

動画などで保存することを考えてもらったら

いいのになとも思います。

 

間違いなく1人の人間がそこに住み、

家に自分の魂を反映させてきた。

そのことに対する価値は

もっとリスペクトされるべきですね。

 

 

[効率無視の仕事術]

スポーツの日は、なくていいのか?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

10月11日、カレンダーを見ると赤くなっています。

休日だっけ?

10月の第2月曜日、

「スポーツの日」というものですね。

 

それって「体育の日」じゃないの?

 

じつはオリンピックを予定していた

2020年から名前が変わっているんですね。

何の意味があるのかよくわかりませんが、

「体育」という言葉は、そのうち死語になりそう。

 

いずれにしろ、今年の10月11日の休日は

カレンダーの表記ミス。

オリンピック開催で今年は7月に移行したため、

本日は平日になっているようです。

 

わかりにくいですよねぇ……(苦笑)

 

そもそも「体育の日」は

10月10日に設定されていましたが、

この日が1964年の

東京オリンピックの開幕式だったんですね。

 

やっぱりスポーツの秋。

日本ではこの時期に運動するのがベストです。

まあ、いまとなっては……ですが、

かつてのオリンピックは

一番気候のいい時期に設定されました。

 

ただ、「オリンピックを観る日」

というわけではありません。

「スポーツを楽しみ、

他者を尊重する精神を培うとともに、

健康で活力ある社会の実現を願う」ための日

というのが、その趣旨。

 

ようは、せっかく秋のいい時期だし、

健康のため、皆と心を通わせるため、

みんなで運動しようよ……という日を

あえてつくっているわけです。

 

だったら、10月に

「スポーツの日」やればいいんじゃないの?

と純粋に思いますよね。

 

オリンピックの行事として、

わざわざ国民が運動するためにつくった日を

潰してしまうことはなかったんじゃないか。

昔はこの日に、

運動会も多く行なわれていましたものね。

 

おそらくは1年にいくつ休日をつくるというのは、

法で定められている事項なのでしょう。

ただ、ここ数年はコロナのお陰で、

「休日」という概念がほとんど機能していなかったのも

事実でしょう。

休んでいる日だけはあったかもしれませんが。

 

必ずしも国で決めることではないでしょうが、

皆で楽しめる「休日」を

社会でちゃんと用意することは、必要かもですね。

 

[効率無視の仕事術]

10月から何をしよう?

[毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら]

 

すべての緊急事態宣言が、

9月をもって解除されるようです。

 

首相の会見、

「お疲れさまでした」と思う反面、

相変わらず「何はオーケーなのか?」

「何を我慢しなければいけないのか」が

ハッキリしないところもあります。

 

取りあえず居酒屋さんで、

8時までならお酒が飲めるようになるのか?

ワクチンパスポートって、

普通のお店では関係ないのか?

 

とはいえ、緊急事態宣言が解除され、

経済がコロナ前の日常へ向けて動き出した以上、

いままで制限をかけてきた人々は、

再始動へ向けて動き出さなければいけません。

 

もちろん、「コロナなんて関係ない!」と

この期間もずっと

通常通りに業務を行なっていたところは別なのでしょう。

 

ただ、人と会う仕事を控えてきたところ、

人を集めることを避けてきたところ、

リアルな会議で打ち合せをするのを

リモートに変えてきた人たちは、

これから再び

「このままのほうがいいのか?」

「やり方を元に戻したほうがいいのか?」

あるいは、

「もっと別のやり方があるのか?」を

考えなければなりません。

 

そうでなければ、

真面目に自粛してきたことが

結果として機会損失を招くことにもなりかねないわけです。

 

ただ、これで終わりかはわかりませんが、

本当にコロナの期間は長かったですよ。

お陰で私のような自由な仕事をしている立場だと、

「コロナ前のやり方」を

もはや想像できなくなっています。

それで安定して、いつのまにかそれなりに忙しく

1日の流れができてしまった……。

これでは「様々なことができるようになった」としても、

思い腰が上がりません。

 

今日、リモートの打ち合せで聞いた話は、

新しいことを始まる前に必要なことは、

「1回、グラスの水を空けてみよう」

ということでした。

 

どいうことかといえば、

私たちはこのコロナ禍の中で、

それぞれ置かれた状況に相応しい

仕事にやり方を構築してきました。

 

「1日の何時に買い物に行って気分転換しよう」とか、

「リモートの仕事は家の

この場所でこういうふうにやろう」とか、

「ビジネスパートナーへの連絡は、

このぐらいの頻度で、

こんなやりとりで行なっていこう」

とか。

 

こうした「ここ2年くらいのやり方」を見直し、

すすんで排除していかないと、

新しいやり方が始まらないわけですね。

 

まずは

「いま自分がやっていること」を見直すことから。

いろんなことを「変えたい」と

思うことが大事ですね。

 

[効率無視の仕事術]

高層マンションの仕事術

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

気づくと近所が、高層ビル街になっていた……。

 

東京に住んでいると、

本当にそんなことが起こったりします。

こちら、大規模工事が続いていますが、

近くにまでは行けるようになりました。

南北線、白金高輪駅の近く、

完全にオープンする2023年に向けて

再開発が進んでいます。

「白金ザ・スカイ」という施設になります。

 

多くはマンションで、

1200戸を超える住居は、

すでに販売が始まっているとのこと。

 

最上階の部屋は5億を超える額で、

すでに抽選枠も埋まっているそうです。

一体どういう人が住むのだろう?

想像もつかないですよね。

 

このところ、中国では

第二位の不動産会社のバブルがはじけ、

世界経済にまで影響を与えたりしています。

 

このマンションだって、

数年前までは、小さな工場だったり、

板金屋さんだったり、

木造の家が並んでいたようなエリアです。

 

台風のたびに川の水が溢れ、

浸水被害が出たりしていました。

 

そんな場所に5億のマンションをつくって

大丈夫なんだろうか……?

そんな不安は、外で見て感じます。

 

ただ、現在その隣の

「白金高輪台駅」が入っている高層ビルも、

造られたときは

「大丈夫なんだろうか?」と思われていました。

 

いまや当たり前のように有名な企業が入り、

「クイーンズ伊勢丹」だったり、

「スターバックス」や「サイゼリア」などの店舗を、

ごく普通に私も利用させてもらっていたりする。

便利だと溶け込むのは早いですよね。

 

このビルにも多くの

商業施設が入る予定だといいますが、

できたらできたで

おそらくは利用するにようになるのか。

 

にしても、自分が高層ビルに住む未来は想像できませんが、

東京の町はやがて地上になんて

住めなくなるのかもしれません。

 

でも、マンションばかりつくって、

はたして人口とのバランスはとれるのだろうか?

怖さは少し感じてしまいますね。

 

[効率無視の仕事術]

ハザードマップが教える身近な危険地帯!?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

熱海で大きな土砂崩れがあってから、

とかく「ハザードマップ」については

よく聞くようになりました。

 

このハザードマップも、じつは

「洪水」「内水」「高潮」「津波」「土砂災害」

「火山」「地震」「宅地」……などと

種類があってややこしいのですが、

「浸水ハザードマップ」なるものが

昨日に区から送られてきました。

「洪水」と「内水」を合わせたものだろうか?

ちょうど台風も来ているし気になります。

 

東京の港区で「水害」なんて、

ありえないと思うかもしれません。

 

でも、マップを一目見ればわかるように、

中心にざっくりと、

2メートル以上の浸水が想定される

危険ラインが通っています。

 

これは歴史的にも増水を頻繁に起こしている、

「古川」の流域と、

その水を貯えている芝公園の付近ですね。

かつては台風が来ると、

麻布十番の付近ではしょっちょう

浸水被害が出ていました。

 

ただ、最近は貯水施設がかなり整備され、

大雨が降った日も、

水があふれることはなくなっています。

だから

「3メートルを超える水害の可能性があるエリア」は

地図を見てもほとんどない。

 

そもそも自分の家は川から離れているし、

何も心配することはないように見える。

安心、安心……と思いきや、

すぐ近くに1か所、

「3メートルを超す水害があるかも?」

と記される、小さな場所があるではないか!

一体ここはどこか?

 

おそらくは「八芳園」の庭にある池、ですね。

 

いわずと知れた結婚式場の

風光明媚で知られる庭園ですが、

あの池ってそんなに危険なのか?

 

まあ、水をたたえている池自体が、

最初から浸水しているようなもの。

さほど気にすることはないのでしょう。

 

ただ調べると、かつては

大久保彦左衛門が居を構えた場所で、

近くを流れていた川から水を引き、

それをせき止める形で池を造っているらしい。

 

ということは、付近は周囲よりも

少し谷間になっているわけです。

仮に水があふれたとすれば、

隣のシェラトン都ホテルや覚林寺にまで

浸水が広がっていくと、地図から読み取れます。

 

すると、どれも安心そうな施設ですが、

大雨のときは回避したほうがいいかも……。

そんなことを言うと怒られそうですが、

ハザードマップには小さな可能性も記されてはいる、

ということですね。

 

家の周囲にどんな危険があるのか、

一度見てみるといいかもしれません。

 

[効率無視の仕事術]

50年愛され続ける謎のパン!!

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

これがじつは1974年の発売で、

町のパン屋さんがコンビニ変わっても、

47年間、一貫して人気を保っているとのこと。

 

三共製菓の「かにぱん」ですね。

 

でも、不思議、「可愛いか?」と問われれば

「えっ?」と思ってしまう……。

だいたいこの造形、

普通に食べる「カニ」じゃないですよね。

南の島にいる「ヤシガニ」を思い浮かべてしまう。

 

では味は?……といえば、

マズいということはありませんが、

よくも悪くもシンプルです。

甘すぎず、柔らかすぎず、適度に固い。

 

それが50年売れる理由は、

何より「子どもに愛された」ということがあるようです。

 

普通に「子どもが好きな味」ということではありません、

優しい味わいが、離乳食として最初に食べるものとして

適切ということ。

 

同時に、このカニの間接をあらゆる部分でちぎって、

量を調節できる。

しかも分けて食べられるように、小さなカニのパンが2つ入り。

そうした食べやすい配慮が、

長く愛される秘密になっているようですね。

 

この三共製菓は、浜松で大正時代から続いている

パンのメーカーだとのこと。

一番有名なのは、非常食の「カンパン」でしょう。

 

かんぱん→かにぱん

当初はパロディだったのかな。

 

ただ、たくさんの子ども向けパンがあったのですが、

ずっと売れ続けたのは、なぜか「かにぱん」だけ。

そこには大人にはわからない、

子どもが好むデザイン要素があったのでしょうね。

 

同時に時代に応じて、味を変え、売り方を変え……と、

大人に向けたマーケティング戦略を、

三共製菓は工夫してきました。

 

いまではSNSだったり、

YouTubeでの配信も行なっているとのこと。

 

なるほど、調べると

「かにぱんおねえさん」なる方が、

毎日のように発信をしています。

レシピなどもあったりして、

なかなか奥の深い世界になっていますね。

 

やはり50年売れたのには、

創意工夫しながら時代に対応してきた奮闘もあったようです。

これからのビジネスを学ぶ面でも

注目したい商品かもしれませんよ!

 

[効率無視の仕事術]

はじめてのダイソン

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

かなり前から家の掃除機の調子が悪く、

なかなか埃を吸い取ってくれません。

 

国産の某メーカーの掃除機、

サイクロン型ですが、

そういえば父親が生きていた頃から、

「これ全然ダメだよ」なんて不満を言っていました。

 

確かに掃除機が吸い込まないのって、

気分が悪いですよね。

 

それで意を決し、

数日前にジャパネットで注文したのは、

こちらの商品。

ダイソンの「V10」という

デジタルモーター搭載の

コードレススティッククリーナー。

4万円しましたが、

はじめて日本の電機メーカーを見限っての

ダイソン製品となります。

 

まあ、使ってみて思ったのは、

「生きているとき、

父親に使わせてあげたかったな……」と、

しみじみ(笑)

 

さぞ、感動しただろうなと思うくらい、

これ別モノですよね。

音も違うし、吸い込む量もまったく違う。

おまけに転がすようなタイプでないから、

「お掃除をしている」というより、

「作業をしている」感覚です。

 

6畳の部屋をざっとかけるだけで、

すでの満杯に近くの埃が溜まっていました。

これが今は、スタンダートなんだろうな……。

 

90年代に

「サイクロン型掃除機」を生み出した

「ダイソン」という会社。

気づけばすでに

日本でもかなりのシェアを確保しています。

 

ダイソン自体も、

当初はイギリスの会社でしたが、

いまやシンガポールに拠点を置く

多国籍企業です。

 

何でもここで働く技術者は

「デザインエンジニア」として、

日々、研究と改善をモットーに

技術開発に取り組んでいるのだそうですが、

日本に足りなくなっている姿勢が

あるのではないか。

 

これだけ感動させれる商品を手に取ると、

そんなふうにも思いますね。

 

[効率無視の仕事術]

何歳になっても感動できる味

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

こちら、「シャインマスカット」ですね。

2000年代に日本で生まれた

品種改良したマスカットです。

 

皮ごと食べられ、

味は「砂糖菓子か?」と思ってしまうくらいの

驚きべき甘さ。

ただし値段はこれだけで、

2000円近くしたりします。

 

だんだんと安くはなっているようですが、

フルーツの中でも最高級に近いかもですね。

 

じつは今年、母親が77歳の「喜寿」で、

区からお祝いの商品券が届いたようです。

 

といって地元の、

あるかないかわからないような商店街でしか使えない。

どこで使ったらいいかね……と調べてあげると、

青果店が入っていました。

 

「じゃあ、あれを買おう!」と、

わざわざ1人で、重い足を運んで買いに行ったのが、

この「シャインマスカット」。

 

ほかにも桃や梨など、

果物を5000円近く買って帰ってきました。

久しぶりの贅沢ショッピングで、

かなり満足していたようです(笑)

 

こういうのは健康的にも

かなりいいかもしれませんね。

 

知り合いに高齢になっても、月に1回

「人生で一度も体験したことがないこと」を

チャレンジするという方がいました。

 

それは海外旅行するような大きなこともあれば、

「入ったことのないお店に入ってみる」とか

それこそ「食べたことのないもの」を

食べてみるような簡単なこともあります。

 

初体験によって得た感動は脳を刺激し、

身体機能や免疫力を高めるホルモンを

脳内に分泌させる。

つまり、アンチエイジングにとって、

「ワクワクし続けること」は重要な条件になるわけですね。

 

とくにこのコロナ禍、

いろんな欲望を抑え続けている方が、

世の中には多いんじゃないかと思います。

辛抱の時期ではあるものの

ワクワクを忘れないために。

 

「あれが欲しい」「これが欲しい」

「あそこに行きたい」「ここに行きたい」と

欲望をリストアップしておくことは

大切かもしれません。

 

機会はそんなに遠くなく、やってくるはずですから!

 

[効率無視の仕事術]