賢者のセミナー終了後の懇親会、本屋巡り、夕食会

セミナー終了後、ルービックハウスの近くの
洋食屋さんでランチ懇親会。

「週末の池袋駅周辺のお店はすごく混む」ということで、
武井由美子さんが美味しくてリーズナブルなお店を
コーディネートしてくださいました。

静岡人の私は、東京のお店は詳しくないので、
とても助かりました。

ikebukuro1

私が座った席では、意外にも

「普通が一番だよね」「普通の定義って何だろう?」

「意外と普通の人っていないし、普通になるのって難しいよね」

「普通の人って、どこのグループにいても浮くことはないけど、
輝くこともない。普通の人って、案外世渡り上手?!」

みたいな話しで盛り上がりました。

 

参加者のみなさんより、

「賢者の会は参加しやすい」「緩くていい」
みたいな意見をいただき、嬉しかったです。

これからもセミナー終了後は、
小さい懇親会を開催したいと思っていますので、
お時間の大丈夫な方は是非、参加してください。

ikebukuro2

懇親会終了後は、

「今、売れてる本」や「今度出す本の表紙のアイデア探し」として、
LIBROとジュンク堂巡り。

いきづまっていた、表紙のデザイン案のヒントを得ることができました!!

いつも東京に来て思うのですが、
大きな本屋さんがたくさんあって感動します!

ikebukuro5

ジュンク堂には、

夏川の『なぜ、仕事ができる人は残業をしないのか?』

の単行本がありました!!(発行:ソフトバンク)
結構古い本なのでビックリ!!

ここの本屋さんでは、本を見入るように見てる方が多く、
カゴに山盛りに本が入っていたりと、
本好きな方が多く利用されている印象でした!

出版不況と騒がれていますが、
ここに来て、「本当に出版不況なのか?!」と疑ってしまうくらい。

本好きな方が多くて、なんだか安心しました。

ikebukuro3

池袋で中華の夕食会。

作家であり、保育士やヒーラーのお仕事もしている、
杜野ふくさんが参加してくれました。

「賢者の書店」の応援もしてくれるので、
とても心強いです!

杜野さんは、「賢者の書店」より、
3冊の短編小説をおさめた『ラッキーの神様』
ビジュアルなポエム集『しあわせになあれ』を出版しています。

今度は、「小説を読みながら、セラピーしていく」
本を出す予定ですので、お楽しみに!!

ikebukuro4

こじんまりとした夕食の席でしたが、
馴染みのメンバーでしたので、とてもゆったりと過ごせました。

ありがとうございました。