母と子の絆。いのちを感じるステキな絵本

「エディターMaikoの読書日記」

タイトル:『ありがとう! 愛を』”ひかりの世界の赤ちゃんからのメッセージ”

絵&文:葉祥明さん 英訳:寺田真理子さん

ai

 

本書は赤ちゃんを亡くしたすべてのお母さんへ贈る、癒しの絵本です。

日本では、毎年約100万人の赤ちゃんが生まれているそうですが、
その裏で、全妊娠の約30%が流産になり、約4万件の死産が報告されているとか。
すべてのお母さんに笑顔を取り戻してもらいたい……。
葉祥明さんからのメッセージ。

 

絵本の絵は、美しい風景画やファンタスティックなイラスト、
明るい色を多く使って
柔らかいタッチで描かれています。

 

まだ母親の経験はない私ですが、ジワーッと心があたたまり、

 

「命をかけて産んでくれてありがとう! お母さん」と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

内容も絵もとてもステキでお腹の中にいる赤ちゃんの気持ち、
お母さんの気持ちに寄り添うことができました。

 

内容紹介ではこんなことが書いてありました。

「覚えてくれていますか わたしのすがたを……」

お腹の中でいのちを終えた子どもたちからの感謝と愛のメッセージ。

 

赤ちゃんを亡くしたお母さんには癒しの本として、
これから子育て、子育て中のお母さんにはプレゼントとしても喜ばれそうだと思いました。

 

詳しくはこちらです→http://www.chuohoki.co.jp/products/topic/1304261000.html