これはすごい!「成功者たちの夢の指南役」の本

7月末に発売されたこちらの本、
非常に好評のようです!

フクちゃんの
願いは、叶うためにある
(王様文庫、本体590円)
ですね。

61FXtLjRvWLフクちゃんって何?
いきなり謎めいていますが、
じつは知る人ぞ知る、スゴい方です。

世界的なアーティスト、ミュージシャン、
アスリートから企業経営者などなど、
数多くのエグゼブティブが
“お忍び”で通うといいます。

その肩書きは
「スピリチュアル・コンサルタント」
ですが、
つまりは「未来予知」の第一人者であり、
夢の実現の相談役……とのことなんです。

本書はそんなフクちゃんが、
はじめて教える「夢が叶う方法」!
「見えない力」を見方にするノウハウ
……ですね。

なんせ本書を読むと、ビックリします。

神社の神さま本人と直に話し、
人の守護霊に意見を聞き、
たまに訪ねてくれる
「小さなおじさん=植物の妖精」に、
いろんなアドバイスをもらっています。

人の未来などは、
まるでプロジェクター画像のように
浮かんで見えるんだそうですね。

ただ、フクちゃんは、
「別にそれらすべてを信じる必要はない」
と言います。

大切なことは、
人は「願い」というのを、
「叶う」からこそ
心に抱くのだということ。

そして科学的に解釈しようが、
スピリチュアルに解釈しようが、
この世は「それを叶える力」で
満たされているんです。

だから神社の神様に、
あるいは守護霊や、亡き魂に、
また自然の中にいる神秘的な存在に、
自分は応援されるものと
信じていればいい。

その考え方や方法は本書で説明していますが、
そうやってあきらめることなく、
前に自分を進めれば、
「叶わない願い」なんてないわけです。

なぜ、昔の人が妖精を想像したのか?
なぜ、日本はこんなに神社に溢れているのか?
なぜ、お墓参りをするのと安心するのか?

本書を読むとその意味がわかり、
非常にあたたかい気持ちになります。
そう、世の中は
「感謝」で満たされているんですね。

本を読んでいい気持ちになりたい人、
自分をもっと信じたい人、
もちろん叶えたい願いがある人。
本書はいろんな方におススメです!