「似合う色」を知れば、人生が変わる!

カラーコーディネーターであり、心理カウンセラーの

後藤妙子さんが本を出版されました。

服の色で、損する人、飛躍する人

(みらいパブリシング、本体1500円)というもの。

アマゾンなどで、好評発売中です!

後藤妙子さんは、

私たちが主催した『一生使える文章講座』や

『作家なりきり合宿』に参加してくださった方。

「賢者の会」で講師を務めていただいたこともあります。

こちら、ホームページです!

http://ts-color.net/

 ☆

本書でわかるのは、

ふだん私たちが選んでいる服、着ている服が、

ときに自分にとっての「枷」のようになってしまっていること。

ただ、好きな色の服を着ているだけなんだけど……。

ところがこの「好き」が、くせ者だったりするんです。

 ☆

たとえば後藤さんは、

「自身がずっと黒の服を選んでいた」ということを述べています。

それは「自分に似合う色」でなく、

「母が着ていた服」に影響されていただけ。

この黒を着ることで、知らず知らずに

「自分はこういうふうにしか生きられないんだ」という

レッテルを自分自身にはりつけ、

精神的に自立をすることができなくなっていたんですね。

 ☆

本書では多くの事例も紹介していますが、

同じように「選ぶ服の色」で

自分を変えられなくなっている方は案外といるようです。

後藤さんは当人の肌や性格から

「本当に似合う色」を導き出す仕事をしていますが、

実際に引きこもった人生を一変させたり、

新しい夢を見つけたり、

務めていた会社を辞める決意をした人

……というのが出てきているんです。

 ☆

服を変えるだけで、そんなことが起こる。

すごいですよね!!

気になる方はぜひ、本書を読んでみるといいと思いますよ!